クリクラの水宅配のメリット・デメリットTOP > 宅配水サービスについて > ウォーターボトル

ウォーターボトル

 
クリクラボトル現在、水の宅配業者が使用するウォーターボトルは、回収できるもの(リターナブルボトル)と、回収せずプラゴミとして廃棄するワンウェイボトルとがありますが、クリクラでは従来型のリターナブルボトルを使用しています。

一つのボトルを何度も利用するわけですから、地球環境に優しいですよね。それに、こういうところが費用を抑えることにつながり、低価格に還元されるのだと思います。

まあ、ボトル返却しなければならない手間はかかりますし、返却まで場所をとりますが、不在でも場所を決めておけば回収してもらえるし、そのくらいは地球のためにやってもバチはあたらないと思います。

衛生面の不安を言う人もいますが、多分に感情的な意見であって、クリクラではちゃんと衛生基準に合致した工場で洗浄していますので、心配することはないでしょう。


クリクラのような硬質のリターナブルボトルの最大の問題とされていたのは、実は水を使うにつれてボトルの内部に入り込む空気なんです。この空気の中にホコリや雑菌が入っていると、結局ウォーターサーバーの水全体が不衛生になるおそれがあるわけです。

だけど、クリクラの場合は、HEPAフィルターという高性能のフィルターがウォーターサーバーについていて、そういった空気の中のホコリや雑菌をシャットアウトするので大丈夫なんです。


標準のウォーターボトルは水が12リットル入っていますが、そうなると重さが12キログラム以上となり、女性や年配の方には重すぎるかもしれませんね。

そんな場合は「クリクラキュートボトル」があります。キュートボトルなら、標準のボトルの半分の6リットル入りなので、どなたでも楽にボトル交換できます。キュートボトルも普通のクリクラサーバーで利用できます。キュートボトルは1本840円で、配送は1回3本からです。




宅配水サービスについて記事一覧

クリクラの値段(料金)

一般に、宅配水サービスを利用する場合、どのようなコストがかかるかといいますと、1)水自体の(ボトルあたりの)料金2)水ボトルの配送料3)ウオーターサーバーのレン...

クリクラ お試し

そもそもクリクラはいつやめても解約金がかかりませんし、、ウォーターサーバーのレンタル料もかかりませんので、水だけの料金で気軽に水の宅配を始められるんですが、さらに嬉...

クリクラの解約(金)について

水の宅配サービスって、興味はあるんだけれど、一度はじめたら止められないのでは?という不安もありますよね。味やその他の理由で「私には合わない」と思って止めようと思う場合も...

ウォーターボトル

現在、水の宅配業者が使用するウォーターボトルは、回収できるもの(リターナブルボトル)と、回収せずプラゴミとして廃棄するワンウェイボトルとがありますが、クリクラでは従来型のリターナブ...

ウォーターサーバーと電気代

あえて、クリクラのアラを探すとすれば、ウォーターサーバーのデザインのバリエーションがないということでしょうか?シンプルなホワイトのウォーターサーバーしかありません。...

クリクラ町田工場見学

クリクラは水宅配サービスではめずらしく、工場見学ができます。といってもどこの工場でもOKというわけではないのですが、東京・町田の工場が見学用に公開されています。見学...

クリクラママは、妊婦さんや新生児のママ必見!

クリクラは「クリクラママ」というママ応援プロジェクトを立ち上げています。妊婦さんや、生後1年以内の赤ちゃんがいるママが利用できるのですが、12リットル入りの水ボトル6本...

クリクラの苦情

ときどきネットでクリクラの苦情を目にします。その内容は、どうも押しの強い営業のようですね。たぶん冗談なんでしょうけれど、インターフォンで「今忙しいからその辺に置...