クリクラの水宅配のメリット・デメリットTOP > 宅配水サービスについて > ウォーターサーバーと電気代

ウォーターサーバーと電気代

 
ウォーターサーバーあえて、クリクラのアラを探すとすれば、ウォーターサーバーのデザインのバリエーションがないということでしょうか?

シンプルなホワイトのウォーターサーバーしかありません。

といっても、床置きタイプのL型と卓上タイプのS型があるし、機能的にも冷水・温水がいつでも利用できて、チャイルドロックもついていて、なんら問題はありません。

それどころか、ボトルから水がなくなるにつれて、外気からボトルに
侵入する空気中の粉塵や雑菌をシャットアウトするHEPAフィルターまで
標準装備しています。


HEPAフィルターこれが無料レンタルできるんですから、文句のつけようはないと個人的には思うんですけどね。


但し、月2本のペースで水ボトルを注文しないとサーバーレンタル費用(月1050円)が発生します。

まあ、このペースはクリクラの採算を考えても最低限の妥当なものだと思いますし、普通に使っていればこれを下回ることはないと思います。


クリクラの標準のウォーターサーバーの電気代は月1000円ほど。
あなたがエコに敏感なら、省エネサーバーもあります。
こちらは最初に一時金として5250円を支払う必要がありますが、
それ以外は標準サーバーと同じで、電気代だけ月500〜700円
に削減できます。


よく聞くのが「ウチではお湯は使わないので、温水スイッチを切ってよいか」
とか、「常温の水だけでいいので、電気代節約のためにウォーターサーバーのコンセントをはずしても大丈夫か」という質問です。

こうすることによって、サーバーが故障するとかいったことはないと思います。
だけど、常温のまま1年間ウォーターサーバーを利用すると、万一雑菌が
混入した場合に、それが繁殖する可能性があります。

そういう理由でクリクラ側はコンセントはさしたまま、スイッチは入れたままにしてくださいと回答すると思います。

どうしてもというのであれば、自己責任でスイッチオフにされればいいと思いますが、あくまで自己責任でということです(あるいは、半日だけスイッチオフにするとか、両方のタンクを均等に利用して水の滞留を防ぐとか、使い方を配慮する必要もあるでしょうね)。


宅配水サービスについて記事一覧

クリクラの値段(料金)

一般に、宅配水サービスを利用する場合、どのようなコストがかかるかといいますと、1)水自体の(ボトルあたりの)料金2)水ボトルの配送料3)ウオーターサーバーのレン...

クリクラ お試し

そもそもクリクラはいつやめても解約金がかかりませんし、、ウォーターサーバーのレンタル料もかかりませんので、水だけの料金で気軽に水の宅配を始められるんですが、さらに嬉...

クリクラの解約(金)について

水の宅配サービスって、興味はあるんだけれど、一度はじめたら止められないのでは?という不安もありますよね。味やその他の理由で「私には合わない」と思って止めようと思う場合も...

ウォーターボトル

現在、水の宅配業者が使用するウォーターボトルは、回収できるもの(リターナブルボトル)と、回収せずプラゴミとして廃棄するワンウェイボトルとがありますが、クリクラでは従来型のリターナブ...

ウォーターサーバーと電気代

あえて、クリクラのアラを探すとすれば、ウォーターサーバーのデザインのバリエーションがないということでしょうか?シンプルなホワイトのウォーターサーバーしかありません。...

クリクラ町田工場見学

クリクラは水宅配サービスではめずらしく、工場見学ができます。といってもどこの工場でもOKというわけではないのですが、東京・町田の工場が見学用に公開されています。見学...

クリクラママは、妊婦さんや新生児のママ必見!

クリクラは「クリクラママ」というママ応援プロジェクトを立ち上げています。妊婦さんや、生後1年以内の赤ちゃんがいるママが利用できるのですが、12リットル入りの水ボトル6本...

クリクラの苦情

ときどきネットでクリクラの苦情を目にします。その内容は、どうも押しの強い営業のようですね。たぶん冗談なんでしょうけれど、インターフォンで「今忙しいからその辺に置...