クリクラの水宅配のメリット・デメリットTOP > クリクラのお水について > クリクラはRO膜でろ過した「RO水」です

クリクラはRO膜でろ過した「RO水」です

 
水の宅配というと、天然水が配送されてくるものと思っている方も多いかもしれませんが、実は宅配の水は大きく分けて2種類があります。

ひとつはご想像どおり、天然水をくみ上げてボトルに入れたもの。そして、もうひとつはあまり原水にはこだわらず、それを徹底的にろ過してボトルに入れたものです。

クリクラは、後者の宅配水です。
ろ過にはRO膜(逆浸透膜)とよばれる、約0.0001ミクロンの超微細な不純物までも除去できるフィルターを使用してろ過しています(このような水を「RO水」と呼びます)。

このRO膜は、NASAが宇宙ステーションなどで使っている凄い技術なんです。
オシッコから飲み水を作るという例のアレですね。

そんな凄い技術ですから、不純物をほぼ全て除去できます。

ただ、このままだと(純水だと)不純物だけでなく、人間に有用なミネラルも
含まない水になってしまいますので、クリクラでは水をろ過した後で、
カルシウム、マグネシウムを2:1の割合で加えています。


天然水の方がおいしいという人もいるかもしれませんね。
味の好みは人それぞれですから。

だけど天然水の味は、すごくいろんな成分が含まれていることによって
生まれているんですね。

それらを取り除くと、天然水としての意味がなくなりますので、
どこまでろ過をするかは非常に難しいところです。

ですので、天然水では成分も味もなかなかコントロールしにくい
というデメリットがあります。

なので、何を優先するかによって、どういう目的で利用するかによって
どの宅配水を選ぶか決まると思います。

たとえば放射能物質が降ったという場合、RO膜を通していない
天然水は大丈夫なのか、直ぐには判断できないでしょうから、
安全性を考えるなら、RO膜水のクリクラの方が安心なのでは?


クリクラのお水について記事一覧

クリクラはRO膜でろ過した「RO水」です

水の宅配というと、天然水が配送されてくるものと思っている方も多いかもしれませんが、実は宅配の水は大きく分けて2種類があります。ひとつはご想像どおり、天然水をくみ上げてボトル...

クリクラの水はどこの水?(採水地)

結構聞くのが「クリクラってどこの水?」「採水地はどこ?」という質問です。クリクラはフランチャイズ形式で全国展開しており、全国にたくさんの工場がありますので、これは一概には言...

放射能被害は大丈夫?

東日本大震災後、東京を含めた各地の水道水等で放射性物質が検出されたため、クリクラの使用を始めた方も少なくありません。そんな方々にとって一番気になるのは、「クリク...